ストレスチェックがもたらす効果とは

subpage01

日本人は勤勉によく働くと言われて久しい現代ですが、過度な残業や重労働によるうつ病の誘発、最悪の場合は自殺に至ってしまうなどの命を脅かしてしまうようなケースが数多く報告され、それらは社会問題となっています。


これまで経営者の責任というのは、とにかく会社の利益を出して従業員に給料を払うことでした。


そのためには社員達に無理を押し付けてでも、働かせることができる会社こそが良い会社と思われていたのです。

しかし企業の価値観というのは時代の流れとともに変わっていきます。

有望なストレスチェック関連情報サイトです。

当然人の命よりも大切なものなどありません。
社員や従業員を大切にできない会社というのは、回り回ってその会社のイメージや看板に傷をつけてしまう結果になるのです。

このような問題を解決するために多くの企業がストレスチェックのシステムを導入し始めています。

自社のサイトにアンケート形式でストレスチェックのためのシートを公開し、社員や従業員に回答をさせます。

ジョルダンニュース!に関する情報が閲覧できます。

肉体的な健康については定期的な健康診断によって判断ができますが、精神面の負担というのは本人が我慢している場合も多く、自分でも気づかないうちにダメージを受けているというリスクがありました。

ストレスチェックのシステムの導入によって、対策をとった方が良い社員の把握や具体的なアドバイスを医師や専門家と相談しながら、早い段階で手を打つことができるようになりました。



また総合的な人数の割合を見ることもできますので、経営者が職場環境を客観的に見ることができるというきっかけにもなります。