ストレスチェックの活用事例について

subpage01

ストレスチェックは制度として実施しなければならないものとして広く知られています。罰則こそないものの、適正に実施して監督署への報告を必要とする健康診断と同じような扱いを求められる事業所の義務となっています。

ストレスチェックの情報はこちらのサイトがオススメです。

そのため常時50名以上の従業員を雇用する企業においては何かしらの形でストレスチェックを実施する流れになると言えるでしょう。しかしながらこの様にして実施したストレスチェックの結果については必ずしも有効活用されているとは言い難い部分があります。
ストレスチェックの結果は個人に対してフィードバックされる結果の他に、職場の状況を数値で示す集団分析と呼ばれる報告書が存在しています。


個人あての結果報告書が個に焦点を当てた報告書であると考えた場合、集団分析は会社という組織に焦点を当てた結果報告書であると言えるでしょう。

この集団分析については意識の高い事業所とそうでない事業所では取り組み方に差が生じています。

ガジェット通信が最近話題になっています。

企業はあくまでも仕事をする場所であるため、個への配慮については必要以上の水準にすることが難しいのが実情です。



ある水準を超えたら医療の専門家につなげるべきなのです。
その様なノウハウはまだ産業の現場には浸透しておらず、ストレスチェックの結果を有効活用することが難しいと感じられる状況にあるのが実情です。


今後は実践的な取り組みをした活用事例が広く公表されることにより、有効な対応策が広まっていくことが期待されています。