ストレスチェックにおける高ストレス者の割合

subpage1

ストレスチェックでは従業員の一人一人が問診票に記入した内容に基づいて結果が作成されます。一定の条件を満たした場合にはストレスが高い状態であるという通知を本人に対して次の対応に移るのが基本となっています。

ストレスチェックに関する予備知識の情報が満載です。

ストレスが高い状況にあるということが分かってからは、個別に医師の面談を推奨するなどの動きに移るのが一般的になっています。

OKWave関しての情報探しを行うならネットが便利です。

ストレスチェックではこの様な流れで個人のメンタルヘルス対策を行うモデルとなっています。
しかしながらストレスチェックを行うに当たってどの程度の高ストレス者が出るということを見込んでいるのかについては基本的な情報を知っておくことが必要になる場面もあるでしょう。

教科書的にはストレスチェックによって平均して10%程度の人数が高ストレス者に該当するとされています。



勿論職場によって状況は異なりますので個別には20%を超える会社も存在しています。

これらの内、実際に医師の面接を希望するのはさらに10%程度であるとされているのが実情です。医師の面談のために必要となるコストについては、企業側が支払う義務を持つというのが一般的な流れとなっています。

そのためにどの程度の予算を確保しておくのかについては推定される高ストレス者の人数と面談希望者の人数を想定して考えておかなければなりません。常勤の産業医がいたり、定期的に訪問してもらうことが出来る環境の事業所を除いてこの問題は大きなテーマとなるのが一般的です。

知っておきたい常識

subpage2

平成27年12月1日より、従業員数が50人以上の事業所では、1年に1回、心の健康診断としてストレスチェックを実施することが義務付けられました。50人未満の事業所の場合は、努力義務となっていて、できるだけ実施したほうが良いとされています。...

next

医療のテクニック

subpage3

ストレスチェックは制度として実施しなければならないものとして広く知られています。罰則こそないものの、適正に実施して監督署への報告を必要とする健康診断と同じような扱いを求められる事業所の義務となっています。...

next

皆が知りたい情報

subpage4

現代社会は仕事が忙しく、男女共にストレスがたまっていることが珍しくありません。しかしストレスを放っておくと、病気の引き金になってしまうこともあります。...

next

ためになる情報

subpage5

日本人は勤勉によく働くと言われて久しい現代ですが、過度な残業や重労働によるうつ病の誘発、最悪の場合は自殺に至ってしまうなどの命を脅かしてしまうようなケースが数多く報告され、それらは社会問題となっています。これまで経営者の責任というのは、とにかく会社の利益を出して従業員に給料を払うことでした。...

next